自然薯ってなんだろう?

芋類の中で生のまま食べられるのは、
山芋だけということご存知ですか?

おなじみのとろろご飯。
山芋を擦って、生の状態で召し上がりますよね。

通常、でんぷん質の食物は生では消化しにくいものですが、
強力な消化酵素の働きによって、生で食することができるんです。

その中でも山芋の王様と言われている自然薯。
日本原産の野生種で、自然に生えて自生している芋です。
長芋は中国原産種、大和芋は南方原産種なんです。

自然薯は、すごく滋養強壮効果があると言われています。
たんぱく質・ビタミン・ミネラル等、それ自身の栄養価が高く、
消化酵素アミラーゼを高率に含んでいます。

アミラーゼはお米などのデンプンを糖質に分解する酵素なので、
一緒に食べた食品の消化を促こし、栄養効果を高めることができます。

内臓全般に幅広く効用をあらわし、貧血や高血圧の予防、 神経痛、
腸ガンの予防に役立つと言われています。

自然薯のヌルヌルも体に良いと言われ、 たんぱく質を無駄なく活用させ、
新陳代謝や細胞の増殖機能を促進させ、 常食すると、基本体力を増強し、
虚弱体質・呼吸器障害・ノイローゼ等に 効果があると言われています。

「山薬」「じょよ」「唐薬」などと呼ばれ、
漢方薬として強壮・滋養剤に使われています。

最近になって自然薯だけに含まれる「ディオスゲニン」という物質が、
若さの維持やホルモンバランスに関係しているDHEAを
増やす役割があるということも分かってきているんですよ。

定食などに付いてくる長芋のとろろではなく、
栄養たっぷりの自然薯のとろろご飯。
ご年配やお子様にもたくさん食べいただき、元気になっていただきたいです。

令和という新しい時代、たくさん栄養をつけて
新時代を作っていきましょう!

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする