分づき米を試してみませんか。

いろいろなところで玄米が身体に良いと目にしますよね。
玄米が栄養価が高いことは皆さんがご存知の通りです。

ただ、白米と比べてどう炊飯するのかが分からないという方が多いのではないでしょうか。
浸水時間だったり、炊きたては良くても、時間が経つとパサついたり。。。
土鍋や圧力鍋が必要だったり。

また、せっかく玄米に手間をかけておいしく炊飯できるようになっても、食してみたら胃が重く感じたり、消化不良を感じる方も実は多くいるようです。

そこで、お勧めしたいのが「分付き米」です。
ブヅキマイと読みます。

分づき米ってなに?

簡単に言うと、「白米と玄米の間」の精米したお米のことです。
玄米から糠や胚芽を取り除くことを精白といいます。その、糠や胚芽を残して精米した米を分づき米といいます。3分づき、5分づき、7分づきといったように、どれくらい糠や胚芽を残した状態なのかで数字が異なってきます。

「づき」と言うので、数字が大きいほど糠や胚芽が多く残っているように思いますが、その逆で数字が大きいほど白米に近くなります。

糠や胚芽にはとても栄養が詰まっています。言い方を変えれば、白米は栄養を全部取ってしまっているお米とも言えます。

ダイエット効果も!

玄米も同様ですが、分づき米だと、食べる量が若干少なめでも満足できるようになりますよ。
また、個人的に分づき米だと油っぽいものがあまり食べたくなくなり、お出汁が効いた食べ物がおいしく感じられるような気がします。

おすすめの食べ方

7分、8分づきの白米に近い分づき米から、試してみると良いかと思います。
始めのうちは食感がことなるので、違和感があると思いますが、噛むほどにお米の味がするので
だんだんと美味しさを感じてくると思います。

また、白米に近いので、お子様でも抵抗なく食べれるのではないかと。

2分、3分くらいになると、色が濃く、表情も変わり、玄米の香り等を強く感じます。
玄米を強く感じますので、すぐに好きになれれば良いのですが、苦手な方は苦手なままになってしまうかもしれません。玄米に近くなるので、炊飯前の浸水時間も必要になります。

個人的に5分づきが食べやすくて、おすすめです。
ビタミンBやEも、白米より何倍も豊富ですから。

例えば、家族の中で白米が好きな方と、玄米が好きな方と両方がいる場合、白米好きな方でも栄養価が高いならと譲れる範囲になるかと思います。

単純に白米よりも栄養価(ビタミン、ミネラル)があり、白米と同じ炊飯器で簡単に炊くことができる訳ですから。玄米に比べて、固くなく消化に良いです。

慣れて行けば、玄米まで段階を踏んでを食すこともできますし、そのまま分づき米のままでも十分体に良いお食事になると思います。

洗い方と浸水

お米を洗うと言うことは、誰もがやっていることなのであまり意識しませんが、力一杯洗っていませんか?

お米は傷がつかないように洗ってあげると、味がよくなりキラキラっとしたご飯にすることができます。栄養が豊富な胚芽や糠をあえて残しているのに、ガシガシ洗ってしまうと取れてしまいます。

3分づきくらいまでは、白米同様に洗って炊いても問題ないと思います。
5分づき、7分づきくらいになると浸水に時間がかかりますが、寝る前に水につけて置き、朝方にタイマーで炊飯すれば十分美味しく炊飯することができます。

炊き方

3分、5分くらいの場合は、白米の炊飯器で白米と同じように炊いて問題ありません。
炊飯器のメニューに「極上」や「極上もちもち」がある機種は、そちらの設定を使ってみるといいと思います。

玄米に近い7分づきくらいから、炊飯器を玄米の水位に合わせ、「玄米」の炊飯メニューで炊飯してみてください。

とにかく、難しく考えずに試してみて、固ければ浸水時間を増やしてみるか、お水の量を少し増やしてみてください。結局、ご自身が美味しいと感じれば良いわけですから。

分づき米の購入方法

初めから5分づきのお米で買う

ご自宅でも是非、分づき米を試してもらえたら嬉しいですね。
最近では、ネット通などでも気軽に購入できます。

お近くにお米屋さんがあれば、玄米をはじめ、分づき米に精米してもらったものを購入することもできます。
お米のプロですからね。

家庭用精米機で分づき米に精米する

家庭用精米機を購入するという方法もあります。
玄米を購入してしまえば、分づき米はもちろん、白米も食べることができます。
なにより、精米仕立てのお米の方が絶対おいしいですから。

いろいろなタイプなものがありますが、アイリスオーヤマさんのものをご紹介しておきます。
使用後の掃除も簡単。結構大事なポイントで、飽きずに使うには必要条件です。

精米所で精米する

もし、お近くに精米所がある方は、その精米機に分づき米の設定があるか確認してみてください。最近の精米所は分づき米の設定があるものが多いはずです。玄米をご自身で購入する必要はありますが、分づき米でも白米でも、食べる分だけ精米しに行くことができます。

難点は都会にはあまり存在しないことですね。
当店の近くには、4、5軒あるのですが。。。

まとめ

当店では、五分づき米でご飯を提供しています。
栄養素は高く召し上がっていただきたいのはもちろん、とろろとの相性がとても良いんです。

また、5分づきのご飯に、紅麹米という紅麹菌を付着させてお米と、18穀米をブレンドさせております。
分づき米特有の香りと、麹菌の香りが合わさって炊きたて時の香りの良さと言ったら、最高です。

せっかく当店までお越しいただいて、とろろご飯を召し上がっていただくわけですから、体に良くて普段召し上がっていないものをご提供したいと思っております。

美味しく、栄養を取っていきましょう!

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする